BLOG

スッキリ目覚めていますか?

2021.9.24

朝起きるのが辛い…とお悩みの方、多くいらっしゃるかと思います

日々の睡眠の質が悪く、睡眠負債が大きくなっている事もありますが、その他、隠れた原因のひとつと考えられているのが「副腎疲労」の可能性が…surprise

副腎はホルモンを分泌する臓器で、なかでも「コルチゾール」いう抗ストレスホルモンの分泌を担っています

日常的に多くのストレスに対処することで、コルチゾールの分泌が過多となり、やがて枯渇してしまいます
その結果、意欲ややる気をなくしてしまうのが「副腎疲労」という状態です

コルチゾールは「闘いのホルモン」と言われ、血糖値や血圧を上げて、敵と戦う、または逃げる準備を整えるのが役割です!

覚醒する直前にコルチゾールが分泌されることによって血圧や血糖値が上がり、起きる準備を整えた状態で目覚める
これが健全な覚醒と言えますが、副腎疲労によってコルチゾールが出ないまま朝を迎えるとカラダは明らかな準備不足となります

結果、「起きるのが辛い」と感じてしまうのです…

副腎疲労を引き起こすストレスの多くを占めるのは、仕事や人間関係と思われがちですが、意外なことに食生活にも関係があるそうです!

小麦に含まれる「グルテン」や牛乳に含まれる「カゼイン」
これらを頻繁に口にすることで腸に炎症が起こり、コルチゾールが消費されてしまうことも少なくないと言われています!

寝起きが辛いと感じている方は、糖質は小麦以外の穀物、タンパク質は牛乳より豆乳で摂取する事をオススメします♪

本日も最後までお読み下さり、ありがとうございますsmiley

« 秋の食養生 トリプトファンを摂りましょう♪ »

記事一覧へ

Page top