BLOG

皮膚は第三の脳

2022.2.2

こんにちは

IZANAI函館店の佐藤です

 

『皮脳同根』という言葉をお聞きになった事はありますか?

 

人間が細胞分裂を繰り返しながら成長する過程でできる

「胚葉」という構造があります

これは、外胚葉、中胚葉、内胚葉という3 つの細胞層から成り立っていて、

ここからそれぞれの器官が形成されていきます

 

この3つの細胞層のうち、外胚葉から作られるのが中枢神経や末梢神経などの感覚器であり、脳と皮膚なのです

2 つは同じ胚葉をルーツとし、発生学上同じだという考え方なのです

ストレス等で脳が疲れていると肌荒れが悪化したり、

お腹が痛い時に手でさすってもらうと、痛みが安らいだりした経験はありませんか?

脳と皮膚は同じルーツだと聞くと、イメージが湧きやすいですね♪

 

『皮膚は第三の脳』と言われています

人間の皮膚には「セロトニン」「ドーパミン」「アドレナリン」などの脳内物質を受け取る皮膚受容体があります

そのため、幸せや意欲などの感情を肌で感じて作り出すのだそうです!

 

例えば…

湯船に浸かって、リフレッシュ

マッサージやエステなどを受けると、リラックスしてお肌も美しく

 

これは皮膚に備わる神経伝達物質が、脳へ好影響を与えるためだと考えられています!

 

当サロンの快眠ドライヘッドスパは

頭皮を揉みほぐす事により、脳をマッサージする効果がございます♪

脳がリラックスする事により、質の良い睡眠へと変わっていきます

是非、快眠ドライヘッドスパをご体感下さいませ☆

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます♪

« 自律神経を整えるには… 本年も宜しくお願い致します☆ »

記事一覧へ

Page top