BLOG

自律神経を整えるには…

2022.3.16

春ですね♪
季節の変わり目で、何となく体調がすぐれない方もいらっしゃるでしょう…
その原因の一つに自律神経の乱れが考えられます

自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、
この2つがバランスを取りながら体温や血圧、内臓の働きなど
生命に関わる全ての活動をコントロールしています

自律神経のバランスが崩れると、めまいや頭痛、不眠、倦怠感、
冷え、肩こり、下痢や便秘など様々な症状として現れます(>_<)

不規則な生活や過度のストレス、と言った精神的なものだけでなく、
環境の変化も身体にとってストレスとなるため、
季節の変わり目は自律神経が乱れやすいと考えられます

そこで…
自律神経を整えるには、どのように過ごしたら良いのか?
ご紹介いたします♪

一つ目は、就寝前の入浴が効果的です!
ぬるめのお湯(38度~40度)にゆっくりと浸かって温まると血行が良くなり、セルフマッサージ効果も☆
人は体温が下がるときに自然と眠くなるため、ご入浴後は1~2時間経ってから、お休みになる事をおすすめ致します♪

二つ目は、無理なく続けられる運動です!
血行促進や筋肉の衰えも防げるので、一石二鳥ですね(^ ^)

なかでも、簡単なリズム運動が良いと言われています!
ウォーキングや咀嚼などのリズミカルな運動を継続することが大切です♪

最も手軽なリズム運動は、よく噛むこと
食事以外に噛む習慣として、ガムを噛むのもおすすめです
脳への血流も良くなるため、認知症予防にも効果的と言われています!

ウォーキングをする時は、頭の中で「1、2 」「1、2」とリズムを意識しながら、
歩くことに集中し、できるだけ同じペースで歩けるようにすると良いでしょう

ブログ画像
リズム運動をはじめて20~30分で、脳内のセロトニンが濃度はピークに達します!
しかし、それ以上頑張って続けて疲れてしまうと、セロトニンの機能が
低下してしまいますので、心地良い、楽しいと感じる程度の運動を、続けましょう!

セロトニンは心を安定させて、自律神経を整えてくれるホルモン♪

セロトニンは夜になると、メラトニン(睡眠ホルモン)へと変化します
日中、セロトニンが増える事で快適な睡眠へと誘います♪

日々の生活に是非!
この2つを取り入れてみて下さいませ☆

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

« 自律神経を整えるには… 皮膚は第三の脳 »

記事一覧へ

Page top